肩 関節痛 薬

肩関節痛に効く薬ランキング!つらい痛みにおすすめの市販薬を紹介

肩関節痛の薬でおすすめの市販薬を効果や価格、口コミなどをもとにランキングで紹介しています。

 

 

経験されたことがある方なら分かると思いますが、肩の関節痛は洋服の着脱が痛かったり、ばんざいができなかったりで、とても不自由ですよね。

 

肩の関節痛に限らず身体の痛みは放っておいて慢性化するほど、なかなか治りずらくなってしまいます。

 

とくに肩関節痛の場合ひどくなると、いわゆる五十肩を発症してしまうケースもあります。

 

ずるずる痛みを引きずらないためにも、早めにケアするようにしましょうね。

 

肩関節の痛みは、市販のお薬でもしっかり対処できます。

 

ここでは肩の関節痛におすすめの薬を市販薬の中から選び紹介していますので、肩の関節痛でお悩みの方の参考になれば幸いです。

 

肩関節痛の薬おすすめランキング

【肩の関節痛におすすめの薬1位 トンデケア】の特徴

テレビCMであき竹城さんと九重親方がイメージキャラクターの人気医薬品
・肩の関節痛はもちろん、膝痛や腰痛など様々な関節痛に有効な第3類医薬品
・関節痛の他にも神経痛や手足のしびれといった神経症状にお悩みの方に
・肉体疲労時や妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時のビタミンB1、B6、B12の補給にも
・7つの有効成分が痛みに直接働きかけ、つらい痛みに穏やかな効き目が特徴
・定期2個セットなら「ヒザらくらくサポーター」がプレゼント!

価格 通常4,980円
評価 評価5
備考 初回限定3,675円(税抜、送料無料、初回のみで解約可)、93錠入(31日分)
【肩の関節痛におすすめの薬1位 トンデケア】の総評

肩の関節痛はもちろんのこと、腰痛や神経痛などに対して穏やかな効き目が特徴の第3類医薬品です。7つの有効成分の働きで痛みの原因にアプローチし、つらい症状を緩和させています。

通常価格は4,980円ですが、公式サイトから定期購入を申し込めば初回は3,675円で購入することができます。


2回目以降もずっと10%OFFの割引価格で購入できますのでお得です。

定期購入といっても商品の最低受け取り回数の制限がないので、止めるのも始めるのも自由です。

有効成分が多く、様々な症状に効能があるので、お家の常備薬に1本置いておくといいですね。

【肩の関節痛におすすめの薬2位 リョウシンJV錠】の特徴

肩の関節痛に飲んで効く、手ごろな価格の医薬品!
・6つの有効成分配合でつらい肩関節痛におすすめ
・関節痛のほか神経痛や筋肉痛、眼精疲労の緩和などに
・肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時の栄養補給に
・1日たった1回の服用すればOK
・初回限定価格は1,900円で最初の1ヶ月は1日わずか61円

価格 通常4,104円
評価 評価4.5
備考 初回限定1,900円(税抜、回数縛りなし)、93錠入(31日分)
【肩の関節痛におすすめの薬2位 リョウシンJV錠】の総評

第3種医薬品に分類されているので、肩の関節痛にも優しく働きかけてくれます。

副作用の心配な人でも強い痛み止めに比べると安心して服用できる薬なので、継続して飲み続けることができます。

作用の強い薬は体への影響が心配なので、このリョウシンJV錠に切り替えたという人もいるようです。

価格は3,800円なのですが、公式サイトからだと初回限定で1,900円で購入できます。

関節痛に効く同じような成分が含まれる商品と比べても、手頃な価格の市販薬だといえます。

長く続ける場合でも経済的な負担が少なく済むので、やはり常備薬としておすすめです。

【肩の関節痛におすすめの薬3位 グルコンEX錠プラス】の特徴

累計販売本数400万本を突破した肩の関節痛におすすめの薬
・肩や膝の関節痛や神経痛に効果・効能が認められた第三類医薬品
・肩の関節痛や腰痛など、つらい痛みでお悩みの方におすすめ
・関節痛以外にも神経痛や手足のしびれ、筋肉痛、また便秘や眼精疲労などの症状にも有効
・肉体疲労時や妊娠・授乳期、また病中病後の体力低下時のビタミンB1の補給に
・国が定める製造承認基準の上限量900mgのコンドロイチンを含有
・商品の購入後も受けられる日本薬師堂の薬剤師からの電話でのアドバイスやサポート

価格 通常7,178円
評価 評価4
備考 初回限定1,980円(税込、送料無料、初回のみの解約可)、186錠入(31日分)
【肩の関節痛におすすめの薬3位 グルコンEX錠プラス】の総評

肩の関節痛や腰痛の他にも神経痛や手足のしびれ、筋肉痛、また肉体疲労時・体力消耗時など幅広い症状に対応している薬です。

痛みを緩和しながら関節痛の原因にアプローチしてくれるタイプの薬です。痛みの根本的な解決につながりますので、ただの痛みを抑えるだけの薬とは違います。

通常価格は7,178円となっていますが、公式サイトから定期便を利用すれば割引が効いてお得に購入することができます。

今なら初回限定で1,980円というリーズナブルな価格で購入できます。定期購入ですが最低回数の縛りはなく、いつ解約しても大丈夫なので安心です。

とてもお財布に優しい価格になってますので、肩の関節痛にお悩みの方は一度試してみるといいでしょう。

肩の関節痛におすすめの市販薬は「トンデケア」

肩の関節痛の薬といってもいろいろありますが、私が一番おすすめするのはくすりの健康日本堂のトンデケアです。

 

 

この薬には痛みを抑え、症状の原因に直接作用する7つの有効成分が配合されています。

 

例えば肩の関節痛の原因の一つに血行不良があります。

 

そのため肩の関節痛を緩和するためには血行を良くすることが必要なんですね。

 

トンデケアには血液循環を改善して、痛みを緩和する成分が配合されているんです。

 

またトンデケアは神経痛にも効果が期待できる薬です。

 

この薬には傷んだ神経に作用し、痛みを原因から改善することで痛みや痺れを緩和するといった効果があります。

 

そのためさまざまな痛みに有効な薬であると言えるでしょう。また、痛みを根本から改善してくれることも特徴です。

 

ただの痛み止めや鎮痛剤とは違って、肩の関節痛を根本から改善したいという人には最適な薬と言えるでしょう。

 

トンデケアは国内の工場で製造されており、品質管理を非常に重視しています。また第3種医薬品なので安心して服用できるのも人気の理由でしょう。

 

肩の関節痛をよくしたいという場合、サプリメントや健康食品という選択肢もありますが、やはりしっかりと有効性が認められている医薬品を使うことが大切です。

 

サプリメントや健康食品というのは痛みに対して、効果や効能がはっきりと認められていないんですね。

 

医薬品として認定されている商品ならば、きちんと肩の関節痛にも効果が期待できますし、安全性も認められています。

 

肩の関節痛は年のせいだとあきらめてはいませんか?

 

効能・効果が認められた薬を使用することで肩の関節痛の原因に直接働きかけてくれて、結果的に痛みを緩和することができるのです。

 

配合成分や定期購入価格、口コミでの評判、サポート体制などすべてをトータルで考えると、トンデケアが一番でおすすめです!

 

 

肩の関節痛には第三類医薬品がおすすめ

肩の関節痛がつらい時、市販薬でも痛みに対応することができます。市販薬を安心して使いたいという場合、その選び方についても知っておくと良いでしょう。

 

 

市販薬の選び方

効き目が穏やかな第3種医薬品がおすすめ

鎮痛効果が高い薬は、反面副作用が心配だったりしますよね。

 

とくに内服薬は湿布などの外用薬に比べて副作用のリスクが高いとされています。

 

関節痛の薬の副作用としては、皮膚の発疹やかゆみ、胃の痛みや食欲不振、下痢など様々な症状があります。

 

できるだけ重篤な副作用のリスクを低くするために、第3類医薬品の使用がおすすめです。

 

第3類医薬品は厳格な基準によって有効性や安全性が認められているので信頼ができます。

 

効果・効能が認められている医薬品を選ぶ

関節痛の薬には新陳代謝を促して痛みを緩和する効果や、血行を促進して痛みを改善する効果などがあります。

 

また、軟骨成分を補給することで滑らかな動きをサポートしてくれるものもあるでしょう。

 

コンドロイチンはもともと軟骨に含まれる成分なのですが、年齢を重ねるごとに生成量が減少してしまい、その結果関節痛が発生しやすくなります。

 

そこで効能・効果が認められた医薬品のコンドロイチンなら細胞に水分や栄養を与えることで、軟骨に弾力性や保水性を高める作用があります。

 

他にもビタミンB1には筋肉の疲労を緩和する効果がありますし、関節の痛みを和らげるビタミンB12や血行を良くするビタミンEなども関節痛に効果が認められた成分です。

 

このような効果・効能が認められた成分を含有している医薬品なら、きちんとした効果を実感できるでしょう。

 

信頼できる公式サイトで買う

肩の関節痛に効く薬はどこで購入したら良いか、迷ってしまう人もいるでしょう。

 

ドラッグストアや通販サイトなど購入できるところは様々ですが、できるだけ安く購入したいという人もいるかもしれません。

 

気を付けたいのは通販サイトなどで激安に販売されている薬は、場合によっては偽物という可能性もあるので十分注意が必要です。

 

万が一購入したのが偽物の薬だった場合は副作用が心配ですし、服用しても効果が得られないなんてこともあるでしょう。

 

やはり口に入れるもの、とくにお薬なのできちんとした正規品を購入しなければなりません。

 

安心・安全のお薬を購入するには、公式サイトで購入するのが一番信頼ができます。

 

公式サイトでは限定価格などお得な購入方法が用意されていることもあるので、まずは販売ページをのぞいてみるといいでしょう。

 

▲肩関節痛の薬おすすめランキングへ

>

肩関節痛を起こすおもな疾患

肩関節痛を起こす原因にはさまざまな疾患があります。

 

肩関節の軟部組織は、腱板という組織を中心に肩甲骨の腱峰と上腕骨の骨頭にはさまれていて、肩関節の動きによって刺激を受けやすい構造になっています。

 

そのため加齢に伴い、肩関節の軟部組織は劣化しやすいため、とくに中年以降では痛みを起こしやすくなります。

 

大した痛みでなくても自己判断せず、肩の関節痛がなかなか緩和しなかったり、だんだん強くなるようならば早めに病院でお医者さんに診てもらいましょう。

 

 

ここでは肩関節痛を起こすおもな疾患をまとめました。

 

肩関節周囲炎

肩関節周囲の軟部組織に炎症を生じ、肩関節に痛みと運動制限が起こる疾患。自然に治癒することもあるが、場合によっては長引くこともある。

 

五十肩

肩関節周囲炎と同じような症状だが、40~60歳台、とくに50歳台を中心に用いられる疾患名。加齢による老化現象基盤にあり、肩関節周囲の軟部組織が炎症を起こし、痛みと運動制限を起こす。

 

上腕二頭筋長頭腱腱鞘炎

上腕二頭筋長頭腱に炎症を生じ、痛みを起こす疾患。肩関節の前側に痛みが出る。次の肩峰下インピンジメント症候群や腱板断裂を合併していることもあるので注意。

 

肩峰下インピンジメント症候群

肩関節を使いすぎているうちに、関節内で軟部組織が繰り返し衝突することで炎症を生じ、痛みを起こす。回旋筋腱板や肩峰下滑液包という軟部組織に発症することが多く、特に棘上筋腱では断裂に至ることもある。幅広い年齢層で起こりうるが、若い人ではスポーツで肩をよく使う人に多いです。肩を挙げる時に痛みやひっかかる感じ、こわばりなどの症状が徐々に強くなってきます。夜間に肩周辺の痛みが出るのも特徴です。

 

腱板断裂

肩関節を反復的に使ったり、外傷を起こしたりすることで腱板という軟部組織の線維が断裂した状態。腱板のうちとくに棘上筋腱が衝突(インピンジメント)を起こしやすく、また血行が乏しい作りになっているため、加齢とともに老化現象に陥りやすいので断裂を起こしやすい。若い人では腱の老化は少ないので、強い力が加わるか、活発な動作の繰り返しによって起こる。中年以降では、肩関節をひねったり、強く手をついた衝撃で肩関節を痛めた際に発症する場合が多い。高齢者では腱の老化現象が進んでいるので、日常生活で自然に断裂したようなケースもある。肩関節を動かしたときの痛みや夜間の痛み、腕が挙げづらいなどの症状があるため、専門家に診てもらった方がよい。

石灰性腱炎

回旋筋腱板に石灰(リン酸カルシウムの結晶)が沈着し、炎症を起こす疾患。急性に発症することが多く、じっとしていても動かしても強い痛みがある。また夜間に痛みがでることも多く、炎症による熱感を伴うこともある。1~2週間で自然と緩和することもあるが、痛みが強い場合は病院での処置が必要なこともある。

 

肩関節痛を起こす疾患は、ここで挙げた他にもまだあります。繰り返しになりますが、痛みが強かったり、なかなか治らない場合には、放っておかず早めに病院の先生に診てもらいましょう。

 

また痛みが大したことなくても早めに対処することで長引いたり慢性化することを防げます。市販の医薬品でも十分対応できることもあるので、家庭の常備薬として1つくらいはあると安心ですね。

 

▲肩関節痛の薬おすすめランキングへ